HOME>注目記事>子役募集オーディションは一体どれだけの合格率なのか?

子役募集オーディションは一体どれだけの合格率なのか?

撮影

オーディションの合格率とは

オーディションは事務所に入所するためのオーディションと、映画やドラマなどの作品の作品オーディションで分かれます。オーディションの合格率ですが、正直言ってしまえば、それぞれの芸能事務所によって違っています。大手の芸能事務所のオーディションの場合は、4分の1の子が一次審査に受かり、その中で二次審査に受かる子は3分の1となっています。作品オーディションの場合は、こちらも作品によって合格率は変わってきます。中でも、注目されている映画、ドラマ作品のオーディションなどは、合格倍率が数十倍になるとも言われています。しかし、狭き門だからといってオーディションに合格出来ない訳ではありません。合格率などは気にせずに受けたい、受けさせたいと思ったオーディションは積極的にどんどん応募してみましょう。

オーディションに受かる子の特徴とは

オーディションに受かる子の特徴として、礼儀などがきちんとしている子が1番に挙げられます。なぜかというと、子役などで実際に仕事をする際には社会人と同じ扱いになります。挨拶というのは私達の最低限のマナーですよね。挨拶をする際にもボソボソと挨拶するのではなく、大きな声で挨拶をする子がいいですし、芸能事務所が募集しているのはそういった基本をきっちり出来る子です。また、自分らしさ、個性を審査員にアピール出来るかどうかも大事になります。個性というのは、お子さんのお子さんらしさに繋がるのです。それをアピール出来るかどうかで、オーディションに受かるかどうかが変わります。お子さんが実際に出来るようになるまではかなりの時間がかかることとも思いますが、日常生活やオーディションを重ねるうちにどんどんお子さんに身についてくるでしょう。

広告募集中